アンティーク ダイヤモンド オニキス パール ゴールド プラチナ ペンダント

20世紀初頭、イギリス製と推測されるペンダントです。
エドワード七世の治世にあたるこの時代につくられた
エドワーディアンジュエリーには、プラチナを使用した
繊細な作品が多く見られます。

艶やかな漆黒のオニキスの中央には、大粒のオールド
ヨーロピアンカットのダイヤモンドが一石。
その周囲を取り巻くオープンワークはプラチナで、
裏側にゴールドを合わせるのも当時の特徴的な手法です。

このレースのように繊細なプラチナの透かし模様は
型等を用いたものではなく、緻密な計算に基づき
糸鋸で少しずつ時間をかけ生み出したものです。
いかに高度な技術力と正確性が求められる作業であるかは
想像に難くありません。

プラチナにはさらにミルグレインと呼ばれる極小の
細工を施し、隙間を埋めるかのごとくセットされた
六十石ものローズカットダイヤモンドの輝きを
効果的に引き出しています。
凛とした白色の煌めきを柔らかく囲んだパールの光沢も
大変エレガントです。

デザインやつくりにエドワーディアン特有の魅力を
備える一方、プラチナの白さを生かし、淡い色調の
宝石と合わせ軽やかに仕上げたジュエリーが多い
この頃において、ブラック&ホワイトの鮮やかな
コントラストには、どこか1920〜30年代に全盛期を迎える
アールデコの作風を思わせる斬新さが感じられます。

時代の流れを振り返り、移り変わりに思いを馳せる、
そんなアンティークジュエリーならではの楽しみを
存分に与えてくれる作品です。

ゴールドのチェーンをお付けいたします。

年代  1910年頃
国   イギリス
素材  ダイヤモンド オニキス パール ゴールド プラチナ
サイズ トップ約5cm×3.5cm チェーン長さ約45.5cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。
      
型番 gj18019
販売価格
780,000円(税込)
購入数