アンティーク ダイヤモンド ゴールド クロス ペンダントヘッド

19世紀半ば頃製のペンダントヘッドです。
モチーフや地金部分の特徴的なデザインから、
南フランスでつくられたジュエリーと推測されます。

六つの花様の台座がクロスを形成、各々の台座が
ダイヤモンドを一石ずつ、高さのある爪で
戴いています。
側面から裏面にかけゴールドで覆ったダイヤモンドは
全てローズカット、その強い輝きが印象的です。
クロス先端のチェーンを通す部分にも、同モチーフが
あしらわれています。

裏側まで波打つような凹凸を設け丁寧に仕上げた台座は、
花を思わせる愛らしさと同時に、立体感と濃い陰影が
手伝ってか、どこか大胆さと力強さを感じさせます。

それがシェイプ、カットに少々のラフさを持ち、
野性味を帯びた煌めきを放つダイヤモンドと見事に調和し、
独特の深い趣を生んでいるのです。

中央以外にも経済、文化的に恵まれた地域が複数
存在したフランスでは、各地方において個性豊かな
ジュエリーが制作されていたものの、なかなか目にする
機会はなく、大変稀少性の高い作品といえます。

年代  1800年代中期頃
国   フランス
素材  ダイヤモンド ゴールド
サイズ 約4.4cm×2.6cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。
      
型番 gj18051
販売価格
98,000円(税込)
購入数