アンティーク ラーヴァ カメオ ゴールド ブローチ

19世紀中期頃のイタリア製と推測される、ラーヴァ
(溶岩)を素材としたカメオです。

小さな矢筒を携えた天使は、ローマ神話に登場する
キューピッドでしょうか。
丸々とした肉付きの良い、愛らしい姿が描かれています。

ストーンやシェルに比べ柔らかく彫りやすいラーヴァ。
その性質は立体的でダイナミックな表現を可能にし、
こちらの作品も、キューピッドの身体は背景部分に
接することなく、隙間に小指の先を差し入れることが
できる程、前面に浮き出しています。

高さにして約2cm以上にもなる驚異的な立体感は、
すでに浮き彫り(=カメオ)の域を超え、彫像と
呼ぶのが相応しいのかもしれません。

犬にちょこんと足を掛け、竪琴を手に振り返る
キューピッド。
くるくるとした巻き毛、僅かに開かれた唇、細やかな
羽等、描写も大変丁寧です。

ゴールドのフレームには同じく金の縒り線をぐるりと
一周あしらっています。
独特の色合いと渋味を持つラーヴァを引き立てる、
シンプルで上品なデザインです。

キューピッドの足親指に欠けが見られますが、
作品全体のクオリティーに影響はないものと考えます。

年代  1800年代中期
国   イタリア
素材  ラーヴァ ゴールド
サイズ 約6cm×5cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。
      
型番 gj18061
販売価格
270,000円(税込)
購入数