Miriam Haskell ブルー九連 ネックレス

1950年代頃製、ミリアムハスケルのネックレスです。

直径約4.3センチの大ぶりなクラスプは、花を模して
いるのでしょうか。
ブルーとホワイトが混ざり合うカボションガラスを、
薄型ガラスとビーズがぐるりと取り巻いています。

立体的なデザインのポイントは、花びらに見立てた
薄いブルーのガラスを縦に留め付けているところです。
パーツの物理的な高さと、重なることで濃淡が生まれる
クリアカラーの性質を上手く利用し、奥行のある表情を
演出しています。

もちろん真正面から眺めた時の、細いラインのような、
また印象の異なる見え方も考えてのことでしょう。
実にハスケルらしい、ユニークなセッティングです。

ネックレス部分は、ターコイズカラーと乳白ブルーの
ビーズを四種繋ぎ合わせています。
九本もの連なりはハスケル作品の中でもボリュームの
あるタイプと言えますが、爽やかなカラーで
まとめられているため、華やかな中にも統一感のある
仕上がりです。

クラスプに「MIRIAM HASKELL」のサインがあります。

薄いガラス数枚に小さなカケが見られますが、作品
全体のクオリティーには影響しない程度と考えます。

年代  1950年代
サイズ 長さ約45.5cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。
      
型番 hj19001
販売価格
145,000円(税込)
購入数