Christian Dior トレンブラン フラワーモチーフ ネックレス/イヤリング

上品な花と葉を象るセットは、1950年代の限られた数年間のみ
Diorのジュエリーを製作したMITCHEL MAERの作品です。

全体の美しさもさることながら、最も特徴的なのはネックレス
中央のフラワーモチーフがふるふると小刻みに揺れるデザイン。
バネ仕掛けでモチーフが揺れるこちらのようなジュエリーは、
「トレンブラン」と呼ばれています。

トレンブランは1800年代のジュエリーにおいて人気を博し、
その多くがダイヤモンドとシルバーを用いて草花を
表現しています。
モチーフやカラーリングからもその影響を受けていることは
明らかで、ラインストーンのセッティングやカットもまた、
アンティークダイヤモンドを思わせます。

とはいえこの作品が単なる過去の模倣に留まっていないのは、
ひとえにDior、そしてMITCHEL MAER特有の高いデザイン性と
技術力によるものなのでしょう。
メインのお花から後方の留め具を飾る小花にまであますところ
なくラインストーンがあしらわれ、花や葉のバランスが取れた
配置は、新しい時代を感じさせる軽やかで、洗練された印象を
際立たせます。
玩具感を一切伴うことなく、トレンブランの繊細な揺れを
表現できるメーカー自体けして多くはなかっただろうことも、
想像に難くありません。

長い時の流れを上手に作品の魅力として取り込む力量もまた、
Diorならではといえるでしょう。

一部ストーン周りに経年による変色が見られます。
ヴィンテージジュエリーの味わいとしてお楽しみください。

ネックレスクラスプ、モチーフ、イヤリング裏に
「CHRISTIAN DIOR BY MITCHEL MAER」のサイン。
オリジナルボックスは付属しておりません。

年代  1950年代
サイズ ネックレス約38cm イヤリング直径約2.7cm

当店ブログにて、より多くの商品画像がご覧いただけます。
      
型番 dj21001
販売価格
268,000円(税込)
購入数