ヴィンテージ ダイヤモンド エメラルド K18ゴールド レオパード ブレスレット

ヒョウをかたどったバングルブレスレットです。
18金の躍動感あふれる体をベースに、特有の模様をダイヤモンドで表現
しています。

モチーフ全体を飾るダイヤモンドの総数は百以上、散りばめられた
ブリリアントカットの石は三サイズほどが使い分けられています。
ヒョウというモチーフから受ける印象通りの、クリアで強い輝きです。
首輪の部分にはまたカットの異なる石をセット、爪を見せずに石の両隣を
接するように配することで、インパクトのある線状のきらめきを
演出しています。

目に嵌め込まれているのは二石のマーキスカットエメラルド。
濃く鮮やかなグリーンの色合いは、適度な大きさもあり、ヒョウの鋭く
賢そうな眼差しの表現にぴったりです。

「王冠を賭けた恋」として有名なエドワード王が愛する女性に贈ったという
カルティエのブレスレットに代表されるように、その視覚的な美しさから
でしょうか、多くの国の多くのメーカーがダイヤモンドやカラーストーン、
エナメルなどを駆使して様々なレオパードモチーフのジュエリーを
製作しています。

豪華さやユニークさに視線を奪われるものの、実は、モチーフとしての
完成度においても十分に満足できうるレベルにあるものは、けして
多くはないのです。

その点を踏まえこちらのブレスレットを見てみると、精悍で整った顔つき、
地金に繊細な筋模様を施し描いた毛並み、前足や耳、大きく開いた口周り、
筋肉の付き方やきゅっと引き締まったウエストなど、対象の細かく丁寧な
観察に基づき、美とリアルさも十分に考慮しつくられたものだということが
分かります。

重厚感溢れるゴールドとダイヤモンドのバランスも絶妙で、多くのレオパード
ジュエリーとは一線を画した作品だととらえることができるでしょう。

差し込み型の留め具部分内側に、18金を示す"750" "K18" の刻印があります。

年代  1900年代後期
素材  ダイヤモンド エメラルド 18金
サイズ 手首周り約17cm

当店ブログにて他の画像もご覧ください。
      
型番 gj21002
販売価格
1,598,000円(税込)
購入数